おさがりいらない…迷惑です。もらった時のお礼は?断り方は?

スポンサーリンク


出産のお祝いに、友人・知人・親戚から新品のプレゼントと同時に、

ベビー服のお下がりをたくさんいただくことも多いかと思います。

お下がりをもらったった時に、うれしいと感じるか迷惑と感じるかは、

人によって違います。

ご厚意でお下がりをくれると言っているのに「いらないんですが」

と断るのは、なかなか勇気がいることですし、

そのことで、今後のお付き合いがしにくくなるのも困りますね。

せっかくのお祝い事、なおさらですね。

「シミや汚れが気になる」

「知らない人の着たものは気持ち悪い」

「自分のセンスや趣味に合わない」

「どんなにきれいでも絶対に嫌」

などの価値観や、

「たくさんもらいすぎてタンスに入らない」

という物理的事情まで、

ちょっといらないなと思う場面はいろいろですね。

そんな時に、

角を立てずに対処する上手な方法考えました。

先輩ママの本音も参考に・・・


スポンサーリンク


上手な断り方

■気づかってくれたことへの感謝を伝える

気持ちだけ受け取って、

「もらっても着れないともったいないから、他の人に回してあげてほしい。」

とちゃんと伝えましょう。

今後の円滑なお付き合いのためにも。

■もうすでにたくさんあると言って断る

「友人たちから沢山のお下がりをもらってしまったから、

ベビー服があり過ぎて困ってる」

とか、

「出産前からベビー服を買うのが楽しくて、買いすぎてしまった」

とか、

言いようはあると思います。

■親や夫に反対されたと言って断る

例えば、自分の母(赤ちゃんにとっては祖母)が、

「初孫だから新しい服を着せてあげたい」

と、お下がりを嫌がるとか。

旦那さんから、

「人からむやみに物をもらわないようにと言われてる」

とか。

自分もそれに従いたいと思ってる、

家族で決めたことだということも合わせて伝えておきましょう。

■合わなかったと返すのも一手

とりあえずいただいてから

「うちの子には合わなかった」とお返しするのも手だと思います。

どうしても断れない場合には、

リサイクルショップやオークションに出すのも一つの手段。

めぐりめぐって、だれかの役に立っていると思うと

何となく気持ちも良いですよね。

■物理的に無理と言う

「せっかくだけれど、もうすでにたくさんあって収納するスペースがないのよ」

という断り方はいかがでしょう。

これなら「そういうわけなら仕方ないね」と相手もすんなり納得できます。

以上、いかがですか。

上手にお断りできそうですか?

感謝の気持ち伝えつつも、第三者を使ったり、

納得できる理由を付けることがポイントですね。


スポンサーリンク


いらないものでもお礼はすべき?

お断りした場合は、「お声がけに感謝する」お礼の言葉でよいと思います。

とりあえず、“ありがた迷惑”と思いつつも受け取った場合は、

あげたご本人はあなたの心の中まで知りません。

わだかまりを残さないためにも、きちんとお礼は伝えておきましょう。

お礼の品も相手の負担や

過度の思い込みにならない程度の、軽いものでよいと思います。

最後に

お下がりをもらった時の経験は、

自分がお下がりをあげる立場になったらどう気くばりすべきか、

きっと参考になります。

よかれと思うことも、相手を悩ますことってありますしね。

難しいけど、何事も勉強ですね!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする