【エルゴじゃなくnapnap】悩みに悩んで抱っこ紐買いました

スポンサーリンク


抱っこ紐、なに使ってます?

ド定番はエルゴでしょうか。

エルゴだけでもさまざまな種類があるようですね。

エルゴ以外にも多数メーカーはありましたし、悩みに悩みました。

でもやはり人気商品は気になるもの。

エルゴもちゃーんと試着してきました。

ネットでは、「抱っこ紐 エルゴ 以外」のキーワード検索が多いようです。

圧倒的多数のエルゴですが、自分にとってそれに勝る抱っこ紐を探してる方も

たくさんいることがわかりました。

人によって体型も違えば使い方も違うわけですからね。

一人一人に合った抱っこ紐の選び方が大事ですね。

では、わたしが【napnap】を購入することになった流れを紹介しますね。


スポンサーリンク


抱っこ紐が急に必要になったワケ

一人目のときはわたしは抱っこ紐はほとんど使用しませんでした。

横着な性格もあり、荷物を持つのが苦手で・・・。

例えば、雨が降るかもしれないから、と傘を持って外出したけれど、

帰るまで降らなかったときの一日中傘を持ってたことの無駄さ(笑)

できるだけ身軽にしておきたいタイプです。

外出時はベビーカーをよく使用していました。

ですので抱っこ紐は購入することもなく、急遽必要な時は義姉からのおさがりの

抱っこ紐があったのでそれで対応していました。

その抱っこ紐、腰ベルトが無いんですよ。

背中部分がクロスになっていて、肩からつるすだけのタイプのもの。

すごく肩が凝るし、子供の体重が増えると腰にも負担がかかります。

一人目のときは使用頻度も少なかったのでそれでも大丈夫だったのですが、

二人目が生まれるとそうもいきませんよね。

特に我が家は年子なので、お散歩に行くときは0歳児を抱っこすると同時に

1歳児をベビーカーに乗せる。

あるいは1歳児をの手をしっかり握っておかないといけませんでした。

そんな状態でおさがりの抱っこ紐を使用していると激疲れでした。

また、かがんだりすることもあり、抱っこ紐から赤ちゃんがズレ落ちてしまわないか

いつもヒヤヒヤしてました。


スポンサーリンク


このままではマズイと思い抱っこ紐を買うことにしました。

抱っこ紐どれにしようか問題

そこで、抱っこ紐どれにしようか問題発生。

トイザらスに行くとたくさん種類があることを知りました。

やはり一番人気はエルゴでしたね。

試着してみました。

現在はアダプトという新生児からでもインサートなしで使えるものがありました。

思ってたよりも非常に分厚くて、暑い季節だと着けるのが嫌になっちゃいそうかも!?

というのが第一印象でした。

  • おんぶがまあまあ大変。
  • 外国製だからか結構サイズが大きい
  • 安全ベルトがちゃちい
  • 値段が高い

この点がマイナス要素でした。

値段が高くても気に入ればすぐ買っちゃうタイプのわたしですが、

購入には至りませんでした。

その後も自分にあった抱っこ紐を探し続け、およそ2週間後、

あるメーカーの抱っこ紐の存在を知りました。

それが・・・

【napnap】



これ、日本のメーカーなんです。

これまでnapnapの存在、全く知りませんでした。

試着はかないませんでしたが、公式ホームページによるすごく機能的のよう。

「これだっ!!」

おもわずポチッと買っちゃいました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする