珪藻土のバスマットで水虫はうつるのか?カビは生えるのか?

スポンサーリンク


従来のバスマットに比べ、吸水性が良く、速乾性があるため、

その快適性・清潔性・お手入れの簡単さで、人気の高い珪藻土バスマット。

一方で、口コミの中には、カビが生えたというネガティブな声も聞こえてきて…

併せて、もともと気になっていた“水虫はうつらないの?”と心配するかたも多いとか?

そこで、スーパーバスマットのちょっと気になる疑問にスポットをあててみました。

ご参考にしてくださいね。


スポンサーリンク


水虫はうつる?

ご存知のように、水虫は靴下や靴から感染することがある通り、

湿ったところを好むので、珪藻土のようにさっと乾いてくれるものであれば

感染の可能性はかなり低くなります。

珪藻土バスマットは、濡れた足の水分を吸い込み、

マット中に溜まった水を自発的な水分放出で乾燥させるため、

水虫対策としても有効とされています。

従来のバスマットは、繊維が水分を吸収・溜めやすい性質があるために、

水虫のもとになるといわれる白癬菌(はくせんきん)が増殖しやすい場所でした。

濡れたままの湿った状態が長く続くことで、

後の使用者になるほど水虫が移ってしまう可能性があります。

珪藻土で作られたバスマットなら、その吸水力と速乾性を発揮して

繁殖する環境が作られにくことから、水虫対策には最適とされています。

水虫菌はカビの一種ですから、乾燥が大の苦手というわけですね。

しっかりメンテナンスをしている限りは、持ってる力で

水虫菌が繁殖する可能性はとても低いといえます。

市販の除菌用アルコールスプレーを時々吹きかけてあげたら、さらに安心ですね。


スポンサーリンク


カビ菌は増殖するのか?

通常の使い方でカビが生えることはまずありません。

でも、カビが生えてしまうのには、それなりの理由があるんですね。

珪藻土バスマットが乾燥していて清潔な状態を保つためには、

お風呂上がりに吸収した水分を室内に放出する必要があるんだそうです。

そのため、気密性の高いマンションなど湿度が高くなりやすいような場所で使用を続けると、

お風呂上がりに吸収した水分を充分に放出できず、

内部にため込んでしまうためカビが生えてしまう原因になるらしいです。

窓を開けて風通しを良くしたり、換気扇を回すなどして、

室内の空気を循環させることで解消します。

換気することは珪藻土バスマットだけではなく、お風呂場のカビ対策になります。

カビを作らないようにする為 には敷きっぱなしにしないことです。

使用後のバスマットを、立てかけて陰干しすれば、

表と裏の両面から水分を放出させることができるためカビにくくすることができます。

陰干しなどをせずに同じ場所に置いて敷きっぱなしにしていると

下の部分にカビなどが発生することもあるので、たまには、陰干しをお願いします。

専用のバスマットスタンドを使えば、さらに風とうしがよくなりますし、

梅雨時、洗濯物を部屋干しする時のように扇風機で風を送るのもいいかもしれません。

また、珪藻土バスマット洗剤で洗ってしまうと、

珪藻土の微細孔につまり、水分を放出できなくなってしまってカビの原因になります。

汚れが詰まった場合には、洗わずにサンドペーパーで削るお手入れ法をとりましょう。

それでも心配なら、天日干しができるものを選ぶと安心です。

おすすめ珪藻土バスマットはこちら

↓↓↓

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする