珪藻土バスマットのデメリット・メリットを思いつくだけあげてみた・・・

スポンサーリンク


お風呂上りバスマットが濡れていてすごく不快!

汚れ、臭い、カビが心配で、ひんぱんに、洗濯・交換しなくては!

そんな「バスマット問題」を解決する「珪藻土(けいそうど)バスタオル」が、今、人気。

一度その「速乾力」を体感すると、二度と今までのタオルに戻れないらしいですね。

風呂あがりの救世主という方まで。

あなたは、もう、お使いですか!?

まだの方もメリット・デメリットをよく知ってから購入するのがおすすめです。


スポンサーリンク


珪藻土とは、

植物プランクトンの一種である珪藻の遺体(珪藻殻)が海や湖の底にたまり、

化石になったものです。

昔から火に強い土として、七輪、コンロ、耐火断熱レンガの原料として使用されてきました。

珪藻殻には細かい穴がたくさんあいているため、

珪藻土は非常に軽く、水や空気を多く含んだり、

通過させたりすることができるといった特徴があります 。

そんな、珪藻土の特性に目をつけてつくられたのが「珪藻土バスマット」!?

メーカーや価格帯によって、それなりの違いがあるようですが、

今までのバスマットと比べてのメリット、デメリットを整理して、ご紹介しますね。

珪藻土バスマットのメリット

驚きの「吸水力」「速乾性」

とにかく驚くほど水分をササっと吸ってくれて秒速で、乾きます。

お風呂上りにマットが濡れていたら、入浴後の爽快感も台無し!

お風呂の順番が遅い時には、特にうれしい速さ・快適さですね。

その吸水力で一瞬足がマットに、ピタッと張り付くような感触があるという方も

いるくらいです。

洗濯・お手入れ(ほぼ)不要

バスマットは定期的に洗濯をしますが、その場合はスペアが何枚か必要です。

他の洗濯ものと一緒に洗うのも、嫌ですし、

普通よりも生地が厚めになっているので、

乾かすのも・取り込むのもひと苦労です。

天気が悪いと、洗濯しようかどうしようか、迷ってしまいますし、

生乾きのまま使うことも ありますよね。

梅雨時なんかは、ホントうっとうしいですね。

雑菌を抑制

珪藻土の最大特性の高い速乾力で、水分が表面に残らないため、菌が繁殖しにくいんですね。

水虫菌の増殖だって、同じ理由で抑えられるらしいです。

バスマットは、スリッパとならんで、足に水虫菌が多くつく危険性が

もっとも高い場所といわれていますし、感染を少しでもケアしたいですね。

あくまで、菌の増殖の抑制。殺菌ではありませんが、うれしい効果です。

お洗濯不要、お手入れ簡単

考えてみてください!

毎日のバスマットの洗濯がなくなったら、どれだけ楽になるでしょうか!!

基本何もしなくて良く、数日おきに陰干しするだけの手軽さ。

実際、一度も干したことすらない人もいるようですね。

(ちなみに、天日干しの場合は、バスマットが反り返ったり、一部膨らんだりするので、陰干しで壁に立てかけるなどするんですって。商品寿命を延ばすためにもいいらしですね。)

あとは、吸水性能が落ちた時に、表面を紙ヤスリ(サンドペーパー)で削るお手入れを、

半年に1回も、すればOKらしいです。

汚れは表面につくというより、ザラザラの中に入り込んでいる形になるので、

表面と一緒に汚れを削り取るんだそうです。

石けんで汚れを落とす感じではなく、紙やすりや、

クレンザー等の研磨剤で削り取るようにするとよいらしいです。


スポンサーリンク


珪藻土バスマットのデメリット

水洗いができない

珪藻土バスマットの最大のデメリットは、洗濯(水洗い)ができないこと。

もともと、固くて洗濯槽には入らないのですが、

最大の特性である速乾力を生み出す「たくさんの細かい穴」は

洗剤カスが入ると詰まってしまい、そこに水が染み込んでいけなくなり、

吸水性も落ちてしまいます。

(表面に汚れがついたら、先にご紹介した、紙やすりで削るお手入れ法でキレイにするしかありません。)

また、ペットを飼っているかたは、おしっこされてしまうと、

使えなくなる可能性もありますね。

割れやすい

普通のバスマットは、割れることありませんが、

珪藻土バスマットは藻土という土を固めたもので、

目に見えない穴が無数に開いているせいか(もともとは「化石」なんですものね)

移動する際に落とした時、立てかけてたのを倒す、反った場合乗るなどで割れるそうです。

平らな場所に設置しないとさらに割れやすくなるようで・・・

粗悪品は本当によく割れるらしいです。ご購入の際は気をつけましょう。

床が傷つく

素材が硬いため、フローリングだと動かすさいに、床が傷ついてしまう時もあるようです。

なにか下に敷くのがいいでしょう。

寿命がある

各社、取説によれば、使用頻度とお手入れ次第のようですが、

商品寿命はおおむね2年間と書かれています。

2年を過ぎると少しずつ吸水力は落ちるとされていますが、

3年以上も問題なく使われている方もいるようです。

普通のバスマットに比べると、寿命は短いようですが、

水道代、時間、手間等をトータルを考えた時にはコスパは良いともいえます。

カビがはえる

珪藻土は目に見えない小さな穴に水分を吸水します。

この穴が詰まったりすると、表面に水分が残りやすくなり、カビが生えます。

石鹸で洗うと目詰まりしてカビの原因となるとあります。

冬は冷たい

珪藻土バスマットは気温によって、温度変化しやすく、温度の低い冬場は足が冷えます。

冷え性の方には、冬はつらいかもしれませんね。

日干しができない

珪藻土マットのお手入れは、反り返りや割れることを防ぐために、基本陰干しです。

太陽光による消毒・殺菌ができません。(日干しができる商品もありますが)

他にも、「重い」「値段が高い」「あたると痛い」などのデメリットを

あげるかたもいらっしゃいますが、

それでも「感動の速乾力・爽快感」は一度、体感の価値はおおいにありそうですね!

とくに、こんなあなたには、おすすめです。

家族が使った後のバスマットのジメジメが嫌だ!

バスマットの洗濯・清潔保持が面倒だ!

家族に水虫の人がいてバスマットのケアに気をつかう!

毎日快適なバスライフを送りたい!

おすすめはコチラ↓↓↓

珪藻土マットで、”足の裏からストレスフリー“を!!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする