【ジューンブライド】由来は?6月の結婚式には企業戦略があった?!

スポンサーリンク


6月に結婚式を挙げることを「ジューンブライド」と言いますよね。

「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」というジンクスですが、

その由来を意外と知らないのではないでしょうか?

今回はジューンブライドの由来として有力な3つの説と

日本にも広まった理由について解説していきます。


スポンサーリンク


ジューンブライドの由来!最も有力な3つの説

①女神 ヘラ(Juno)説

最も有力な説は、ギリシャ神話に登場する女神ヘラ。

ヘラというのはローマ名で、英語名ではJunoといいます。

ゼウスの妻であるヘラは、家庭や女性、子どもの守護神とされていて、

守護月が6月、英語でJuneです。

ヘラをまつる祭礼は毎年6月1日に行われていたことから、

6月に結婚式を挙げるとヘラのご加護を受け幸せになれるということです。

②気候説

ヨーロッパでは6月は天気が良く、一年の中で最も雨が少ない月です。

日本の6月は梅雨のイメージが強いと思いますが、

ヨーロッパでは花が咲き始め明るい気分となるようです。

天気が良く、明るいムードでたくさんの人に祝福してもらえることから

6月に結婚式を挙げると幸せになれると言われ始めたということですね。

③結婚解禁説

ヨーロッパでは農作業で忙しく、3~5月は結婚が禁止されていました。

その農作業が落ち着き、結婚を待ちわびていたカップルたちが

次々と6月に結婚式を挙げていたそうです。

周りの人々も農作業が落ち着いたことからお祝いしやすいため、

6月はみんなに盛大にお祝いしてもらえる幸せな月となったということです。


スポンサーリンク


ジューンブライドが日本に広まった理由とは?

ジューンブライドの由来はどれもヨーロッパに関係するもの。

そのジューンブライドがどうして日本にも広まったのでしょう?

驚くべきことに、なんと企業戦略だったそうです。

というのも、日本の6月は梅雨のピーク。

雨が多いことから結婚式を挙げるカップルは少なかったようです。

そのため梅雨の時期の結婚式を増やしたいホテルやブライダル業界が

ヨーロッパのジューンブライドを知り日本に広めたのがきっかけと言われています。

日本とヨーロッパ、気候が真逆だったからこそ使えた戦略という訳ですね。

まとめ

由来は ①女神へラ説 ②気候説 ③結婚解禁説 の3つ。

そして日本に広まったのは、梅雨の時期の結婚式を増やしたかった

ホテルやブライダル業界の人たちの想いだったということですね。

実際日本での6月の結婚式はまだあまり多くないそうです。

ジューンブライドに興味のある方は6月の結婚式を考えてみてはいかがでしょう。

どの説が由来でも、きっと幸せな結婚式となるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする