修学旅行の服装どうする?女子の北海道編とあったらよい便利グッズ

スポンサーリンク


日本最北の都道府県・北海道は毎年多くの観光客が訪れています。

修学旅行で北海道に行く学校も多いですよね。

しかし北海道の気温ってなかなか想像しづらいのではないでしょうか。

そこで今回は北海道への修学旅行の多い時期と服装、おすすめの持ち物を紹介します。


スポンサーリンク


修学旅行が多い時期とおすすめの服装

  • 5・6・9月頃

北海道への修学旅行で多いのが、夏前後の5・6月や9月。

北海道は梅雨がなく、冬は雪で飛行機が欠航する可能性もあるため

この時期が多いそうです。

北海道の夏前後は基本的に半袖+羽織ものがベストです。

朝晩は冷え込むためパーカーやカーディガンなどを羽織るくらいの気温です。

5月はまだ寒く、春物のコートが必要です。

ショートパンツなどを丈の短いものを履きたい方は、

ストッキングやタイツなどが必要な時期ですね。

  • 7月

先ほどの①と同じ理由で、冬を避けるためこの時期が多いそうです。

北海道の夏は涼しいと思っている方も多いかもしれませんが、

北海道でも夏は暑く、30度を超える日も多いです。

とはいっても北海道の夏は7月中旬ころからが多く、

7月上旬であれば上記の①と同じような恰好でOKです!

7月中旬以降であれば、冷え込む夜のために羽織ものを1枚持参して

基本スタイルは半袖がいいでしょう。

タイツもいらなく、どうしてもショートパンツやスカートの下に履きたい方は

薄手のストッキングなどがちょうどいいと思います。

  • 12~3月

冬は吹雪や飛行機の欠航を避けると先ほどまでは書いていましたが、

冬の北海道はとても魅力的です。

そのため、スキーをするために冬に北海道へ修学旅行に訪れる学校も多いようです。

冬や冷え込み、旭山動物園のある旭川市は日本最低気温マイナス41度を記録しています。

北海道の冬の平均気温は基本的にマイナスなので、防寒対策は必須です。

セーターに長ズボン、冬用のコートやダウンが基本スタイルです。

ショートパンツやスカートを履きたい方は、デニール数の多いタイツで対策できます。


スポンサーリンク


持っておくと便利なもの

北海道の夏は特別必要な持ち物はありませんが、

制汗剤やタオル、帽子などがあると便利です。

冬に訪れる方は、冬用の帽子、手袋、冬靴、マフラーの準備が必要です。

また、貼るカイロを腰に貼ったり、

貼らないタイプのカイロをポケットに入れておくといいですよ。

まとめ

北海道への修学旅行は5~9月頃と12~3月が多い

*5月は春物コート、6・9月はパーカーやカーディガン

*7月は半袖、12~3月は暖かい服装に冬用コートやダウン

*冬は帽子・手袋・冬靴・マフラー・カイロなどの防寒対策必須

広大な大地の北海道は観光スポットがたくさんあります。

季節に応じた服装で、北海道を満喫してくださいね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする