カカオニブとは??いま注目のスーパーフードに健康被害?!

スポンサーリンク


あなたは、カカオニブって知ってますか?

最近流行りのスーパーフードなのですが、

あまり聞いたことのない人が多いのではないかと思います。

そこで今回はカカオニブについてご紹介します。


スポンサーリンク


カカオニブとは?効能とおすすめの食べ方

カカオニブとはチョコレートの原料のひとつ、

カカオ豆から作られたものです。

チョコレートはカカオマスとココアバターから作られるのですが、

そのカカオマスはカカオ豆をすりつぶしてできたペースト状のものです。

一方カカオニブは、カカオ豆を砕いてチップ上にしたものなんです。

スーパーフードといえばアサイーやチアシードを連想する方が多いと思いますが、

カカオニブは欧米では人気のスーパーフードです。

そんなカカオニブですが、気になるのがその効果・効能ですよね。

カカオニブには、ポリフェノール、食物繊維、ミネラル、マグネシウム、

鉄分、カテキンなどさまざまな栄養素がつまっています。

  • ダイエット効果

まずうれしいのがダイエット効果です。

カカオニブは低カロリーで、脂肪を燃焼し食欲を抑えてくれる効果があるんです。

カテキンが脂肪を燃焼する酵素を助けてくれるのですが、

そのカテキン、なんと緑茶の4倍も入っているんです。

  • 便秘解消

女性は便秘で悩んでいる方も多いのではないかと思います。

カカオニブには食物繊維が多く含まれ、こんにゃくよりも多いと話題となっています。

また、善玉菌を増やしたりデトックス効果もあるなんてうれしいですよね。

  • 美肌効果

カカオニブには、抗酸化作用のあるポリフェノール・カテキンが多く含まれています。

ポリフェノールは紫外線から肌を守ってくれる働きもあります。

これから夏本番となり日差しの強い季節となる今にぴったりですね。

  • 貧血予防

マグネシウムや鉄分が含まれていることから、貧血の予防にも役立ちます。

特に鉄分ですが、なんとレバーよりも多いんです。

貧血の方にも嬉しいスーパーフードだったんですね。

こんな嬉しい効果がいっぱいのカカオニブですが、

実際にどうやって食べればいいのか気になりますよね。

そのまま食べるとちょっと苦味のあるビターチョコのような味がします。

そのため、苦味が気になる方は甘いものと混ぜるとおいしく召し上がれますよ。

最近では朝にグラノーラやアサイーボールを食べる方もいると思いますので、

グラノーラやアサイーボールの中に混ぜてみたり、

杏仁豆腐やアイスクリーム、ヨーグルトのトッピングとしてもおすすめです。

ミルクティーや豆乳などに入れるのも美味しいですよ。

また、甘いものだけでなくサラダにかけるなど違った楽しみ方もできますよ。


スポンサーリンク


カカオニブ摂取による健康被害は?

カカオニブの良さは伝わったのではないでしょうか。

こんなにいいことがたくさんあるなら、デメリットはないの?と思いますよね。

実際カカオニブには大きなデメリットはありません。

ですが、強いてあげるならカフェインと

アナンダミン、PEAという成分が入っていることです。

まずカフェインはコーヒーや紅茶に入っていて有名ですよね。

カカオニブには少量のカフェインが入っていますので、

食べ過ぎると眠れなくなったり、血圧が上がるなどの影響があります。

また、アナンダミンやPEAというのは幸せになる効果のあるもので、

チョコレートにも含まれています。

よくチョコレートを食べ始めたら止まらなくなった、なんて経験ありませんか?

これと同じで、カカオニブにも気分を穏やかに幸せにしてくれる効果があるため、

ついつい食べ過ぎてしまう依存性のあるものなんです。

そのため、カカオニブの食べすぎには注意が必要ですね。

まとめ

*カカオニブはカカオ豆から作られたスーパーフード

*ダイエット効果、便秘解消、美肌効果、貧血予防と嬉しい効果あり

*カフェイン・アナンダミン・PEAが入っているため食べすぎに注意

健康被害は聞かれないようですが、

やはり食べすぎには注意が必要ということですね。

カカオニブはいろいろな効果ができるため、

これから取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする