さっぽろオータムフェスト 2017  飲みたい人必見!!

スポンサーリンク


北海道札幌市の中心部、大通では夏にビアガーデンが行われ

お酒を飲む人たちでにぎわっています。

ですが、夏だけでなく秋に外で飲むお酒もおいしいです!

段々涼しくなってくる9月の秋空の下でお酒を楽しめるのが、

北海道の味覚が集う「さっぽろオータムフェスト」です。

今回はオータムフェストの中でもお酒をメインに紹介していきます。

※なお、以下の記事は昨年の情報を元に書いています。

今年出店するかどうかは公式サイトからの情報をお待ちください。

1丁目会場 さっぽろオクトーバーフェスト2017

まず紹介するのが1丁目会場。

ここは地下鉄27番出入口すぐのテレビ塔の下で行われています。

テレビ塔は札幌の観光スポットとして有名なので、

観光で来られる方もすぐに見つけられますよ。

この1丁目会場では札幌の姉妹都市であるドイツのミュンヘンを再現し、

ビールの祭典として道内各地のクラフトビールやドイツの樽生ビールを堪能できます。

また、札幌のもう一つの姉妹都市であるアメリカ・ポートランドなどの

ゲストビールも登場し、

平日10時から17時までは「4種飲み比べセット」が提供されます。

さまざまなビールの中から選びきれず迷う方は、

お好きな4種類を選べるこちらのセットがおすすめです。

7丁目会場 大通り公園7丁目BAR

次に紹介するのが7丁目会場です。

こちらでは2箇所にメインバーを設け、北海道産のお酒が思う存分楽しめます。

ワイン好きにはたまらないのが、北海道ワイナリーヴィレッジです。

こちらでは日替わりで計30近くものワイナリーが参加し、

「十勝ワイン」「ふらのワイン」「はこだてわいん」などのワインを味わえます。

和酒バルカウンターでは和装したスタッフがお迎えしてくれるカウンターバーとして、

飲み比べしやすい少量での提供や、日本酒を使ったカクテルも登場。

また、7丁目BARグルメセレクションではスイーツやチーズなどが提供され、

女性に人気なフードコーナーとなっています。

そして一番のおすすめはこの7丁目会場の北海道ご当地カクテルBARです。

ここでは定番のカクテルだけでなく、道産ワインのサングリアや

北海道のご当地カクテルを提供しており、オータムフェストオリジナルのカクテルも登場

北海道ならではのカクテルを楽しむことができますよ。

11丁目会場 World Food Park/THE さっぽろ オータムフェスト

お次は11丁目会場です。

7丁目会場から西に4丁分、喋りながら歩いていけばあっという間に到着します。

ここでは世界各地の本場の味を楽しめるのですが、

ここでおすすめなのが「さっぽろタパス」のスタンディング・バーです。

タパスというのは小皿料理のことですね。

さっぽろタパス人気参加店が考えたタパスをなんと500円で提供

ワインも世界各地から20カ国以上が参加しています。

友人や恋人、ご家族と一緒に、ゆっくりお酒を飲みながら

タパスを味わってみてはいかがでしょうか。

4丁目会場 SAPPORO WELCOME PARK

最後に紹介するのが4丁目会場です。

11丁目会場から夜風に当たりながら、ちょっと酔いが醒めたころに到着です。

ここは北海道の旬の食材を使ったさまざまな料理を楽しめます。

そしてこの会場でおすすめなのが、「シメパフェ」です。

札幌で飲んだあとの定番として有名なのがシメパフェですよね。

よくパフェを食べに行く方も多いと思います。

そんなシメパフェがオータムフェストでも食べられるんです。

特にイチオシなのが「札幌シメパフェ Dip&Merry/MIRAI.ST cafe&kitchen」です。

このDip&Merryはシメパフェ人気店「パフェ佐藤」の姉妹店で、

ノルベサのMIRAI.ST cafe&kitchenもまたシメパフェ人気店です。

この2つの人気店がオータムフェストに出店しているんです。

他にも「きのとや」や「白い恋人パーク」、「もりもと」などのスイーツが豊富ですので、

オータムフェストの最後はこの4丁目会場のパフェやスイーツを召し上がってみては?

まとめ

いかがでしたか?

オータムフェストは食べ物だけでなくお酒も豊富なイベントなんです。

ぜひこのオータムフェストで北海道各地、そして世界のお酒を楽しんでみてくださいね。

日本最北の北海道、野菜や海鮮など地元の食材を食べるために 北海道に旅行に行く方も多いのではないのでしょうか。 北海道と言えばなん...

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする