【さっぽろオータムフェスト】2017 初心者ナビ!これだけ見れば楽しめる

スポンサーリンク


日本最北の北海道、野菜や海鮮など地元の食材を食べるために

北海道に旅行に行く方も多いのではないのでしょうか。

北海道と言えばなんといっても面積の大きさですよね。

2・3泊ほどでは到底足りないくらい、北海道の観光地を巡るのは時間がかかるんです。

「でもやっぱり北海道の味覚を思う存分楽しみたい!」という方におすすめなのが

北海道・札幌市で9月に行われている「さっぽろオータムフェスト」です。

オータムフェストは札幌市大通で行われる秋のまつりとして、

来場者数が200万人を超えるほどの人気のあるイベントです。

そしてこのオータムフェストには北海道内の100を超える市町村などが出店しています。

つまりこの祭りに行けば北海道各地の味覚を堪能できるんです。

今回はオータムフェストで北海道の味覚を思う存分楽しんでもらうために、

アクセスやおすすめのお店について紹介します。

※これから紹介するお店やメニューは昨年の情報を元に書かれています。

今年のお店・メニューに関しては、公式サイトからの発表をお待ちください。


スポンサーリンク


来場は地下鉄か徒歩で!会場は駅近でアクセス◎

札幌やその周辺の富良野や旭川に泊まってホテルから来る方、

新千歳空港に降り立ちそのまままっすぐ来られる方、

まず気になるのが会場への行き方ですよね。

レンタカーを借りたほうがいいかな?と悩まなくていいのがオータムフェストの良さなんです。

会場は1丁目~12丁目と横長なのですが、

1丁目会場は地下鉄大通駅のすぐ、

12丁目会場は地下鉄東西線西11丁目のすぐにあり、

大通駅は札幌市の地下鉄の南北線・東西線・東豊線すべてが通っています。

札幌のホテルに泊まる場合は札幌駅~大通駅付近に泊まると地下鉄もいらず徒歩でOKです。

空港からまっすぐ、また旭川や富良野などから来る方は、

バスやJRを使い札幌駅に行けば

そこから地下鉄1本で、徒歩でも10分程度で1丁目会場に着きますよ。

オータムフェストのエントランス・4丁目会場

最初に行ってほしいのが4丁目会場です。

ここでは会場全体の案内やコラボ企画の案内、

さらに札幌市内の観光案内もしてもらえます。

また、この会場でおすすめのメニューは北海道名物のジンギスカン

祭りの気分を上げるにはぴったりのメニューです。


スポンサーリンク


札幌の食を堪能できる6丁目会場

次に行ってほしいのが、4丁目会場から西に2丁目分進んだ6丁目会場。

ここでは札幌エリアの食をテーマに札幌のまちのにぎわいを感じられます。

その中でもおすすめが、札幌発信の「スープカレー」と「さっぽろスイーツ」

奥芝商店やGARAKUなど地元民から愛されるお店が出店しているほか、

北海道のいちごを使用したいちごけずりなどのスイーツを楽しめます。

北海道各地の見所が集う8丁目会場

オータムフェストの魅力はなんといっても北海道各地から自慢の特産品が並ぶ8丁目。

会場中央に屋根付きの大型飲食スペースが用意されており、

雨の日でも安心して楽しむことができます。

この8丁目会場でのおすすめは厚岸町の牡蠣。

道東の釧路市からさらに東に進んだところにある厚岸町では、

毎年あっけし牡蠣まつりが開催され、

その牡蠣の美味しさと大きさが全国でも人気となっています。

札幌市から遠い厚岸町の牡蠣がオータムフェストで食べられるので、

オータムフェスト一押しメニューといっても過言ではありません。

他にも、石狩市の「石狩鍋」、小樽市の「小樽・濃厚ホタテカレー」、

夕張市の「夕張メロンスムージー」など、

その地方ならではのメニューをぜひ堪能してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

オータムフェストにはまだまだ書ききれないほどの魅力がたくさん詰まっています。

今年の開催は9月8日(金)から9月30日(土)まで。

ぜひオータムフェストで北海道の味覚を存分に味わってくださいね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする