揚げ物中、油が泡立つ理由はなに?量が大事?処理や保存方法は?

スポンサーリンク


コロッケやトンカツなど、揚げ物を作るときには油を使いますよね。

その油が揚げ物中に泡立った経験のある方もいると思います。

今回はなぜ泡立つのかと油の保存方法についてご紹介します。


スポンサーリンク


泡立つのはなぜか?

油の中に肉などの材料を入れたとき、その材料の水分が蒸発することで

小さな泡が出ると思います。

このような泡は揚げ物を取ると消えますよね。

ですが泡が消えないで残っているときは、油が劣化していることが原因といわれています。

劣化した油は酸化し粘り気が増すため、消えにくくなるようです。

泡立ちの原因としては特に劣化が考えられますが、他にも原因は考えられます。

  • 油の量が足りない

これは油の量が少ないと泡立ってしまうようです。

そのため、油を増やして加熱しなおしてから再度揚げ始めると

泡立ちがおさまります。

  • 卵を使用している

揚げ物をするときに使う卵には、レシチンという成分が入っています。

このレシチンの量が多いと泡立ってしまうのです。

そのため、油を少し増やして加熱しなおしてから再度揚げてみてください

  • 油の温度が低い

油をしっかりと加熱せずに揚げ始めてしまうと

油の温度が上がらないため泡立ちやすいようです。

そのため、肉などのネタを入れる前にしっかりと加熱し、

油を高温にしてから揚げるといいでしょう。

  • ココナッツオイルを使用している

ココナッツオイルはもともと泡立ちやすい油であることから

泡立ってしまうようです。

ココナッツオイルの泡は劣化とは別なので、気にしないでいいそうです。

なお、ココナッツオイルは劣化しづらく、繰り返して使えます。

これらの原因も考えられるため、それぞれの対策をとってみて、

それでも泡立ちがあれば劣化が原因と考えてください。

劣化が原因の場合は、半分ほど新しい油を足して揚げ始めてみてください。


スポンサーリンク


保存方法もさまざま

油を繰り返し使用するには正しく保存する必要があります。

油が熱いうちにコーヒーフィルターや油こし紙などでろ過し

小さな油かすを取って保存します。

保存方法は、揚げ油専用の保存容器がベストですが、

瓶やペットボトルなど家庭にひとつはあるものでも保存できます。

瓶やペットボトルを使うときは周りにアルミホイルを巻き、

光によって酸化しないように工夫するといいですよ

保存場所は冷暗所ですので、ガス台やシンクの下が保存しやすいと思います。

ただし、正しく保存しても新品の油よりは劣化しやすいです。

そのため、2~3週間ほどで使い切るのがおすすめです。

回数としては3~4回ほどが目安となります。

まとめ

*油が泡立つ原因は様々あるが、対策しても改善されなければ劣化の可能性が高い

*油は熱いうちにろ過し容器に入れ冷暗所で保存

*容器は専用のものだけでなく、ペットボトルや瓶でもOK

*保存は2~3週間ほど、使用回数は3~4回が目安

油を繰り返し使うことで、お財布にも環境にも優しく揚げ物ができますね。

瓶やペットボトルなどを家庭にあるものを工夫して利用し、

正しく油を保存しましょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする