揚げ物に使った油の保存期間や保存方法は?

スポンサーリンク


揚げ物って子どもも大人も好きな料理ですよね。

ですが、揚げ物をするのが面倒な人は多いと思います。

油の保存方法がわからず、毎回新しい油を使って捨てている人もいますよね。

しかし油は正しく保存すれば繰り返し使えて便利なんです。

そこで今回は、油の保存期間と保存の方法についてご紹介します。


スポンサーリンク


保存期間はどれくらいなら大丈夫?

揚げ物に使った油の保存期間はだいたい2~3週間、

長くても1か月を目安とされています。

回数でいうと3~4回程度繰り返し使ったら廃棄してください。

しかし保存状態や揚げ物の程度などにより油の劣化状態は変わるため、

劣化したように思ったら捨ててくださいね。

劣化の目安としては、わかりやすいもので色とにおいがあります。

褐色っぽくすっぱいにおいがしたら劣化している証拠です

また、ドロドロとやや粘り気があったり、揚げ物をしたときになかなか泡が消えない時も

劣化しているサインとなります。

おすすめの保存方法

油を繰り返し使うためには、正しい保存方法が大切です。

油が劣化する原因は、油が酸化することなんです。

つまり、油を保存しているときに酸化しないようにする必要があります。

油を保存するために用意するものは、以下の4つです。

・耐熱容器(熱い油を入れられるものなら何でもOK)

・濾し器(網状のもので代用してOK)

・油こし紙、キッチンペーパー、コーヒーフィルターなどろ過できるもの

・保存容器

まず油を濾していきます。

耐熱容器に油こし紙やキッチンペーパーをセットした濾し器を置き、

油が熱いうちに注ぎ込み、不純物(揚げカスなど)を取り除きます。

そのまま油を冷まし、保存容器に移します。

保存容器は油保存用の専用容器を使うのが一番ですが、

瓶やペットボトルでも代用できます。

瓶やペットボトルを使用するときは、周りにアルミホイルなどを巻いて

光を遮るといいですよ。

保存場所にも注意が必要です。

油が酸化するのは、光や空気が原因です。

そのため、冷暗所に置いておくのがおすすめです。

シンクやガス台の下に置くと使いやすいと思います。


スポンサーリンク


まとめ

*油の保存は2~3週間(最大1か月)、3~4回の使用が目安

*褐色、すっぱいにおい、粘り気、揚げ物中に泡が消えないときは劣化のサイン

*油は濾してから保存容器(瓶やペットボトルを使うときは周りにアルミホイル)に入れる

*冷暗所で保存する

いつもよりちょっとひと工夫して、油の酸化を防ぐことで

油を繰り返し使うことが出来ますよ。

くれぐれも繰り返し使いすぎには注意してくださいね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする