【おむつなし育児】考え方といつからがベスト?おすすめ本を紹介

スポンサーリンク


子育てママさん、おむつなし育児って

聞いたことありませんか。

言葉のとおり、

おむつがないということは理解いただけたと

思いますが、

一体どうやって排泄させるの?

疑問ですよね。

「おむつなし育児」は最近雑誌などでも

取り上げられるようになり、

関心の高い言葉になっています。

聞いたことはあるけどよく知らないっていう

あなたも必見!!

今回は「おむつなし育児」について

詳しく紹介します。


スポンサーリンク


おむつなし育児とは

【おむつなし育児】というと、

おむつを使わず、排泄を垂れ流し・・・

なんてお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際はそうではありません。

「おむつの外で自然に排泄させる機会をつくる育児」です。

なるべくおむつの外に気持ちよく排泄できるよう

サポートしてあげるのです。

おむつの外ならどこでもOKなんです。

トイレトレーニングのように、

おまるやトイレでさせることが目的ではなく、

おむつを開いてその上でさせてあげるだけでもいいのです。

「解放空間」というのが大事なのです。

なぜ、おむつなし育児なの?

赤ちゃんはおむつをつけて生まれてはきません。

家や洋服を汚されたくないという

大人の都合でおむつをつけます。

赤ちゃんておむつを外すと

ピューっと

おしっこを飛ばすことってありませんか?

これが自然な排泄の姿なんです。

何にも邪魔されないという。

しかし、大人の都合でおむつをトイレだと学習し、

数年後にはおむつはトイレではないことを学習しなおします。

だからトイレトレーニングって大変なんですよね。

どうですか。

逆に大人が「これからはおむつにしていいよ」

と言われ、おむつを履いたら・・・

今日からおむつに排泄できますか?

意外と安易ではないはずです。

頑張って排泄しようとしても出ないと思います。

なぜなら・・・

大人にとっては

おむつがトイレではないから。

おむつに排泄してはダメ!

と、頭にうえついているからです。

それと同じように、

赤ちゃんは

トイレだと思っていたおむつが

あるときを境にトイレではない

と言われると戸惑いますよね。

赤ちゃんは自然な排泄をおむつの外ですることによって

何にも邪魔されませんし、

排泄物が体から出ていることを五感を使って認識するのです。

膀胱にしっかり溜めて解放空間で出すという

排泄コントロールをする神経が発達しますよ。

また、トイレやおまるなどの

決まった場所での排泄を学習します。


スポンサーリンク


トイレトレーニングとどう違う?

トイレトレーニング

大人の都合で生まれてからずっとおむつの中で排泄することを学習する

↓↓↓↓↓

2~3年後おむつの外で排泄することを学習しなおす

おむつなし育児

排泄時になるべくおむつの外で排泄する

↓↓↓↓↓

解放空間での排泄行動を忘れずに育つ


スポンサーリンク


メリットは?

赤ちゃんが嬉しいこと

  • 一度にたくさん排泄ができ、便秘や頻尿が改善することも
  • 機嫌のいい時間が長くなったり、よく眠るようになることも
  • おむつかぶれになりにくい
  • おむつを外す時間が増えて、活発になる
  • 1歳後半にはおむつがいらなくなることも多い

ママが嬉しいこと

  • 排泄のタイミングがわかるようになり、育児が楽しくなる
  • 自然とコミュニケーションがうまれる
  • おむつ代が節約できる
  • 紙おむつのごみが減ることで、環境にも優しい

いつからする?

思い立ったが吉日!です。

出産、退院後からすぐ始める方もいます。

おむつなし育児おすすめ本

おむつなし育児|クリスティングロスロー

おむつをするのが当たり前!という概念が覆ります。

おむつなし育児とはどういうもので

どういうスタンスで臨むのか

何のためにするのか

どうやってするのか

がわかります。

また、実践者の体験談や、

おむつなし育児を始める月齢に応じた進め方が

詳しく書かれているので、

自分の子供にあてはめて、

するべきことがわかります。

出来ないときは無理せず、

自分の生活スタイルや赤ちゃんのペースに会わせて、

という方針なので、

気負いせず軽い気持ちでおむつなし育児を

臨めるようになると思います。

まとめ

いかがでしょうか。

おむつなし育児の考え方ご理解いただけたでしょうか。

少しでもご興味を持っていただけたら幸いです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする