お守りを複数持つとケンカするって本当?お守り袋を活用するのもアリ?!

スポンサーリンク


恋愛を叶えるために、女子力を上げたりおまじないをしてみたり、

いろいろなことを試したことがあると思います。

その中でも縁結びお守りを持ち歩いている方は

多いのではないでしょうか。

私も縁結びで有名なパワースポットとなっている神社に行って、

おみくじと縁結びお守りを買ったことがあります。

ですが、パワースポットとなっている神社をまわってお守りを買うと

知らぬ間に縁結びお守りが増えていた、

なんて経験のある方もいるのでは?

今回はお守りを複数持つことは大丈夫なのか、

そして意外と知られていないお守り袋について紹介します。


スポンサーリンク


お守りの複数持ちは大丈夫?

お守りをいくつも持つと神様同士が喧嘩してしまう、

といいますよね。

ですが神様は徳の高い存在であり、喧嘩はしないとされています。

そのため、お守りは複数持ってもいいそうですよ。

縁結びお守りだけでなく学業お守りなどのほかのお守りと

一緒でもいいので

これからは安心してお守りを持ち歩くことができますね。

ただし、雑に扱ってはいけません。

ひとつひとつ大切に、肌身離さず持ち歩いてくださいね。


スポンサーリンク


意外と知らないお守り袋の存在

最近はカラフルなものや模様がついているかわいいお守りが

増えましたよね。

実はそれは「お守り袋」であり、お守りは本来はその中身のことを指すようです。

神社に行くとお守り、つまりお守り袋の中身が売られていて、

財布やかばんなどに入れて持ち歩くときに汚れたりしないためにあるそうです。

よく「お守りの中身は見ちゃダメ!」と言われているから

お守り袋の中身が売られているってちょっと意外ですよね。

また、お守り袋は保護する目的だけでなく、

いくつかのお守りを一緒に持ち歩けるようにという意味もあるようです。

複数持ち歩きたい方にとっては便利ですよね。

ですが一緒に入れていいお守り、一緒に入れてはいけないお守りもあるようですので

お守り袋に複数入れたいときは神社の方に聞くことをおすすめします。

昔はお母さんが子どもや旦那さんのために心をこめてお守り袋を作っていたそう。

今でも地域によって作っている習慣のあるところもあるようです。

縁結びお守りを買い、自分の好きな布でお守り袋を作ってみるのもいいかもしれません。

まとめ

*縁結びお守りは一緒にいくつか持って大丈夫

*お守り袋はお守りを保護するため、一緒に持ち歩けるためにある

*ただしひとつのお守り袋に一緒に入れてはいけないお守りもあるため注意が必要

縁結びお守りを大切に持ち歩き、良い縁に巡り合いたいですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする