ほうじ茶のカフェイン含有量は?妊娠中でも飲みたい!赤ちゃんへの影響・・・

スポンサーリンク


日本人はよくお茶を飲む習慣がありますよね。

自宅でほうじ茶を飲む方は結構多いと思います。

実はほうじ茶にはカフェインが含まれているってご存知でしたか?

カフェインと言えばコーヒーをイメージする方が多いと思いますが、

ほうじ茶にも入っているんです。

そうなると、妊娠中にほうじ茶を飲んでいいか気になりますよね。

そこで今回は妊娠中にほうじ茶を飲むことで影響はあるのかご紹介します。


スポンサーリンク


ほうじ茶のカフェインは赤ちゃんに影響ある?

妊娠中は食べ物や飲み物が気になりますよね。

最近は、いつもコーヒーを飲んでいた人が

デカフェと呼ばれるカフェインの入っていないコーヒーにするなど

妊娠中はカフェインを摂らないようにしている人も多いと思います。

そもそもなぜ妊娠中にカフェインを控えないといけないのでしょうか。

それは、カフェインを摂ることで赤ちゃんの体内にもカフェインが入り、

内臓など身体が発達途中な赤ちゃんがカフェインを分解できないからなんです。

また、カフェインは赤ちゃんへの血流を減少させてしまう、とも言われています。

このようなことから妊娠中のカフェインの摂取は控えるように言われているのですが、

実際にどのくらい摂っていいのか気になりますよね。

一般的に妊娠中は200mgから300mgまでに抑える必要があるようです。

コーヒー150mlあたりのカフェインが100~150mgですので、

1~2杯なら大丈夫、というわけなんです。

それでは気になるのがほうじ茶のカフェイン量ですよね。

ほうじ茶には150mlあたり30mgのカフェインが入っています。

コーヒーよりもほうじ茶のほうが少ないようですね。

そのため1日に6杯ほどまでであれば飲めるということですね。


スポンサーリンク


妊娠中はカフェインの取りすぎに注意しよう!

1日に6杯ほどだったらほうじ茶を飲めることがわかりましたね。

ですが飲みすぎはやはり危険なんです。

先ほど説明したように赤ちゃんの身体にカフェインが入ってしまったり

赤ちゃんへの血流が少なくなってしまうだけでなく、

カフェインによって血圧が上がり、

お母さんにも赤ちゃんにも負担がかかってしまうんです。

そのため、1日に飲める量は決まっていますが、

あまり摂らないほうが安心して過ごせると思います。

また、ほうじ茶だけでなく先ほどあげたコーヒーや、

紅茶、緑茶、ウーロン茶、栄養ドリンク、ココアなどにも

カフェインは含まれています。

このような他の飲み物も飲まれる方は、カフェイン量に気をつけてくださいね。

まとめ

*カフェインは1日に200~300mgまで

*ほうじ茶は1日に6杯なら大丈夫

*ただしカフェインの飲みすぎは母子共に負担がかかるため、飲みすぎには注意

ほうじ茶にはリラックス効果や身体を温める効果があり、

妊娠中にはうれしい効果が期待できます。

朝・昼・夜に1杯ずつ、のように飲む量を決めておくと

1日6杯までを守ることもできますし、

飲みすぎないで過ごせるのではないでしょうか。

また、最近では低カフェインのほうじ茶や

ノンカフェインほうじ茶(カフェインの入っていないほうじ茶)など

妊娠中でも安心して飲めるほうじ茶が発売されています。

  
いつも多く飲んでいた人や、できるだけカフェインを摂りたくない人は

このようなほうじ茶を試してみるのもおすすめです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする