ハロウィンの由来と勘違いの日本式ハロウィン・・・

スポンサーリンク


日本の年中行事に定着しつつあるほど人気が高まる、ハロウィン。

ニュースにもそのフィーバーぶりが報じられ、

今やクリスマス、バレンタインをしのぐイベントになりつつありますね。

日本で注目されるようになったきっかけは一体何だったのでしょうか?

そもそもハロウィンとは?日本式とは?

ちょっと探ってみました。


スポンサーリンク


ハロウィンの由来とは

ハロウィン(ハロウィーンともいう)は、毎年10月31日に行われる、

古代ヨーロッパのケルト人が起源と考えられている祭のことです。

もともとは秋の収穫を祝い、

悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったようですが、

今は宗教的な意味合いはほとんどなくなっているようです。

なぜ10月31日かというと、

ケルト人の1年の終りがこの日で、

この夜は夏の終わりを意味し、

冬の始まりでもあり、

死者の霊が家族を訪ねてくると信じられてました。

(日本のお盆のような言い伝えですが、

違うのは、精霊や悪霊も一緒に来てしまうといわていたことです)

そこで、この時期出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、

魔除けの焚き火を焚き、いろんな行事をおこなってきたことが、

ハロウィンのはじまりのようです。

ハロウィンでは、

オレンジ色のカボチャをくりぬいた中にろうそくを立てて作る

「ジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ・カボチャ提灯)」

を、悪い霊を追い払うためにハロウィンの晩に家の戸口の上り段に置いたり、

魔女のお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては

「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」

と唱える「トリック・オア・トリート」に参加したりします。

各家庭では、カボチャのお菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、

「ダック・アップル」と呼ばれるリンゴ喰い競争ゲームを

楽しむハロウィンパーティを開いたりします。

ちなみに、「カボチャ」にはお守りの意味があり、

「ろうそくを立てる」のは、日本のお盆のように親族の霊の目印という意味があるようです。

この提灯を作る風習はもともとイギリス地方で始まったそうですが、

最初はカブの中身をくり抜いて提灯にしていたらしく、

アイルランドでは今でもカブを使っているそうです。

勘違い?日本式のハロウィンとは・・いつからこんなに広まった

ここまで、古代ヨーロッパを起源とするハロウィンの由来や行事を見てきましたが、

最近ブームを巻き起こして、定着感のある日本式のハロウィンは

どうも、本家(?)とは趣が違うようです。

そもそもハロウィンというのは、

“秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事”ですが、

日本のハロウィンはクリスマスなどと同様に、

宗教的背景の上でハロウィンを開催している例はほとんどなく、

あくまでイベントとして楽しむ人が多いようです。

バレンタインやクリスマス、ボジョレーヌーボーなどの

海外から伝わってきた行事がそうであるように、

日本は海外のイベントを取り入れる、

しかも自分流にアレンジするのが得意の国民性のようですね。

日本の企業も、四季や年間の行事・記念日・お祭などを

ビジネス・チャンスとして活かす仕組みづくりがうまいので、

私たちも乗せられている?ところもあるかもしれません。

日本式のハロウィン、いつ頃からどのように広まってきたのでしょう?


スポンサーリンク


最初のキーワードは、「テーマパーク」

東京ディズニーランドが1997年から始めたハロウィンイベント

「ディズニー・ハッピーハロウィーン」がヒットし、

今では、秋のイベントとして恒例化、年中行事として知られています。

また2001年に開園したユニバーサルスタジオジャパン(USJ)でも、

翌年の2002年から毎年ハリウッド・ハロウィーンイベントを開催していますが、

その後、一気にその知名度を上げていきました。

日本でのハロウィン人気の火付け役は、

日本の2大テーマパークだと言われています。

(ハロウィンのパレードとしてはJR川崎駅前の「カワサキ・ハロウィン・パレード」が有名。約3000人による仮装パレードで約10万人の人出を数えるほど(1997年より毎年開催))

2つ目のキーワードは、「コスプレ文化」

ハロウィンといえば、「仮装」。

アメリカの仮装といえば、

幽霊・ゾンビ・悪魔・魔女・コウモリ・黒猫・ドラキュラ・狼男・フランケンシュタイン

のような基本的には「恐ろしい」と思われているものが選ばれる傾向がありましたが、

20世紀後半 になると、お姫様・海賊などといった人物、

アメリカ人に人気の漫画・映画のキャラクターの仮装も行われるようになり、

大人になると看護師・メイド・ヒッピー・フラッパーの仮装も出現するらしいです。

一方日本はといえば、

ご存じのように、ハロウィンは仮装パーティ、アニメのコスプレ大会の様相

そこは?アメリカにまけてはいません。

ひとりで、カップルで、グループで、家族で・・・。

皆さん、思い思いの“なりたい”アニメキャラクターや

ゆるキャラ、オリジナルキャラと自由自在のコスプレ仮装で満喫していますね。

その盛り上がりの要因は、

「非日常・普段とは違う変身願望」

「とにかくストレス解消!」

「他人に見せたい欲求を満足させてくれる」

「SNSネタとして最高」

「NEWSになる」って、ところでしょうか。

まとめ

この「仕掛ける企業の便乗戦略」と、

「日本人のアニメ・コスプレ好き」の相乗効果で、

東京・大阪を中心に日本中が「ハロウィン」に

染め上げられる日も近い気がします。

日本式のハロウィンに対していろいろなコメントが拡散していますが、

ルールを守って「マイ・ハロウィン」おおいに楽しんでくださいね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする