【絵本1歳児~2歳児】読み聞かせにおすすめ5選

スポンサーリンク


絵本の読み聞かせしてますか?

五感を刺激する読み聞かせには子供を育てる力があります。

心を豊かにする読み聞かせ、積極的に行いましょう。

私がこれまで読み聞かせをしてきた経験からおすすめの絵本を紹介します。


スポンサーリンク


1.【バナーナ!】


子供ってバナナ大好きですよね。

そんなバナナが動物の一部になって登場します。

例えば、ぞうさんのお鼻、うさぎさんのお耳。

他にもさまざまな動物が登場しますよ。

一体、どの部分にバナナが隠れてるのでしょうか。

そして、最後には動物たちを乗せる○○までもがバナナに・・・。

この本は「藤本ともひこ」さんによる発声絵本です。

バナナの『バ』に力をこめて発声するのがポイントだとか。

大きな声で恥ずかしがらず子供と一緒に「バナーナ!」

まさに声を出して読みたい本です。

2.【みず ちゃぽん】


表紙にたくさんのしずくが描かれており、大きく口を開けたり、にこにこ笑顔だったり、少し怒った顔だったり、さまざまな表情をしています。

この本ではみずが音と表情、大きさで表現されています。

例えば、「ぴちゃ」「ぽと ぽた ぽしゃ」「どっぼーん!」など。

いろんなシーンで異なるみずの音がしずくの大きさや表情でも楽しめますよ。

水たまりに雨が降って跳ねる音は「ぴちゃ」、蛇口をそーっとひねったときは「ちょろちょろ」

この音はどんなときの音かな? そんな会話を楽しむことができます。

特にわが子は「たぷんたぷん」がお気に入りでした。

子供って「ぱぴぷぺぽ」の破裂音が大好きですよね。

3.【ノンタンのおしっこしーしー】


大人気シリーズ、ノンタンの絵本の赤ちゃん版です。

ノンタンやノンタンの仲間たちがぞれぞれのやり方でおしっこします。

「しーしーしー なんのおと?」こんな言葉がリズミカルに続くので子供も聞き入りやすい本だと思います。

また、2歳前後ころはトイレトレーニングの時期。

ノンタンや仲間たちがトイレを頑張ってる姿に子供にも響くものがあるようですね。

この本ではノンタンがおしっこに失敗していますが、その後上手にできたので、失敗しても頑張れば大丈夫ということも教えてあげられますね。


スポンサーリンク


4.【おつかい】


女の子がお母さんにおつかいを頼まれます。

その日は雨。

「雨が降ってるから嫌」「服が濡れるから嫌」さまざまな理由をつけて断る女の子にお母さんは対策を講じます。

すると、荷物がたくさん。

準備万端で出発したら・・・。

ありとあらゆるときのための備えの想像力が豊かでとても面白いオチがついています。

作者のユーモアさが満載の絵本ですね。

5.【くだもの】

子供ってくだもの好きですよね。

この本ではさまざまな果物が描かれています。

といってもただの果物の絵じゃないです。

とってもリアルなんです。

丸ごとドーン!と果物のあとにはカットされた果物が・・・。

思わず、絵本から本物の果物が飛び出てきそうなほどです。

「おいしそ~う」

子供の声が聞こえてきそうです。

まとめ

いかがでしたか。

興味のある本はありましたか。

親子で楽しめる絵本との出会いがあれば嬉しいです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする