抗生物質の上手な飲ませ方|嫌がる子供にはこの方法!

スポンサーリンク


苦い抗生物質のお薬を子供に飲ませるときすごく苦労されるお母さんも

多いのではないのでしょうか。

抗生物質さえ飲んでくれれば病状の回復も早いというのに、

まだ上手く意思疎通出来づらい1歳児にはそれはわかりません。

一般の風邪薬であれば、甘いお薬なので子供に飲ませるのは容易ですが、

苦い抗生物質となれば別です。

今回はわたしが子供にすんなり飲ませることができた方法を紹介します。


スポンサーリンク


抗生物質の上手な飲ませ方

人が味覚を感じるのって舌ですよね。

食べたり飲んだりするときの食べ物飲み物は確実に舌に触れますよね。

子供がお薬の苦さを感じるのも舌に触れるからなんです。

だったら舌で苦さを感じさせないようにお薬を飲ませる方法が

あればよいということになりますよね。

まず、お薬を器に開けて、そこにスポイトで1滴水を垂らしてください。

そして手で練って頬の裏側に張り付けてください。

その後、水分を取らせます。

そうすると苦さを感じず上手くお薬を飲ませることができますよ。

ただし、注意※

この場合、お薬を胃の中に入れることが目的なので、

水分を取ってくれなければ意味がありません。

ですので、お風呂あがりなどのどうしても水分を取りたい直前に行うのが良いです。

酸味のあるジュースには絶対に混ぜないで!

ジュースに混ぜて飲まそうとするお母さんも多いと思いますが、

これは良くないです。

オレンジジュースやリンゴジュースなど酸味のあるジュースに

混ぜると余計に苦くなります。

イオン飲料なども同じです。

もし無理やり飲ませようとすると本来大好きなジュースが

大嫌いになる可能性があるので要注意です。


スポンサーリンク


もし混ぜるなら・・・

もし混ぜるなら練乳(コンデンスミルク)、

混ぜずに一緒に飲ませるならチョコゼリーがおすすめ。

お薬を練った状態で上手く飲ませられない場合は練乳かチョコゼリーと

一緒に飲ませるのがおすすめです。

練乳なら一緒に混ぜるだけ。

チョコゼリーの場合はゼリーの上にお薬をのせて、

包むようにすくってお口に運ぶだけ。

苦いお薬は意外とチョコと相性が良いようです。

でもチョコのゼリーってなかなか売ってるの見たことないですよね。

でも大丈夫です。

市販されているものがありますよ。

ドラッグストアーに行くと、苦いお薬を飲ませるためのゼリー状になった

チョコレート味のものがおいてあります。

良かったら試してみてくださいね。

他にもお味はピーチ味、ぶどう味、いちご味などあります。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする