アロマの効果で良質な睡眠に・・・|香りが体にもたらす影響の凄さ!

スポンサーリンク


ラベンダーやオレンジなど、最近はアロマの種類が

たくさんありますよね。

アロマを使うとよく眠れる、

なんて聞いたことがあると思うのですが、

意外と使ったことがない人も多いのでは

ないでしょうか。

今回はたくさんの種類の中から睡眠に効くアロマと

香りの影響について紹介します。


スポンサーリンク


睡眠に良いとされるアロマ5選

①ラベンダー

アロマの王道と言えばラベンダーですよね。

ラベンダーは自律神経のバランスを調整して

心を落ち着かせてくれます。

イライラしていたり不安で眠れない時にラベンダーを使うと、

リラックスできて安眠できるようです。

②サンダルウッド

サンダルウッドは白檀とも呼ばれ、

お香や仏壇にお供えする線香などに使われています。

日本人にはなじみのある香りですね。

サンダルウッドは興奮や緊張をほぐす効果があります。

③オレンジスイート

個人的に一番好きでオススメなアロマです。

オレンジのフレッシュな甘酸っぱい香りは

万人受けだと思います。

オレンジスイートは不安やストレスを解き放ち

前向きな気分にさせてくれます。

不安だけど楽しみたいイベントの前などにいかがでしょうか。

④ゼラニウム

ゼラニウムはローズのような優しいハーブ系の香りです。

ローズゼラニウムとも呼ばれています。

この香りは緊張をほぐし、不安やストレス、

イライラをやわらげる効果があります。

⑤ネロリ

ネロリはビターオレンジという花の精油です。

甘さと苦みが混ざったような優雅な香りがします。

ネロリは「天然の精神安定剤」とも呼ばれ、

リラックス効果が高いことで有名です。

ストレスや不安な心を落ち着かせ、

包み込むような安心を与えてくれます。


スポンサーリンク


心地よい香りが人に与える影響

自分が好きだと思える香りを嗅ぐと、

心地よくて落ち着きますよね。

人間には視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の

五感と呼ばれる感覚がありますが、

嗅覚以外の4つはまず視床と呼ばれる部分を

通って脳へ伝わるようです。

それに比べ嗅覚は直接脳へ伝わるそうです。

そのため、香りは直接脳へ効果を与えることができるのです。

心地よい香りが脳に働きかけるからストレスや緊張を

和らげてくれる、ということですね。

まとめ

*安眠にはラベンダー、サンダルウッド、オレンジスイート、ゼラニウム、ネロリ

*心地よい香りが直接脳に効果を与え、ストレスや緊張を和らげる

ストレス社会と言われる現代ですが、

ぐっすりと眠るためにアロマをうまく使ってみてはいかがでしょうか。

自分が心地よいと感じるアロマをぜひ探してみてください。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする